包茎・亀頭先細りお悩み解決

男性の亀頭のサイズ

…女性の本音

 

愛があれば大きさなんて気にしないよ

と公の場では女性たちは言うでしょう。

亀頭のサイズ女性の本音

亀頭のサイズ女性の本音

 

 

しかし、そんなことを本当に思っているとすれば、まだまだ体が開発されていないウブな女性か、架空の物語に出てくる天使のような人格者くらいなものです。

 

女性の本音はシビアなもの。

 

言葉を額面通りに受け取る大馬鹿者でないなら、早急な対応を。

 

言葉を額面通りに受け取る大馬鹿者でないなら、早急な対応を。

小さい亀頭ではあまり挿入感が無いため、気持ち良さも満足感も得られない

亀頭のサイズが小さくても女性の口からは直接本音を聞くようなことはないですが、実際の女性の本音に耳を傾けると小さい亀頭に対する不満が出てきます。

 

まず挿入時に感じていることについてです。

 

小さい亀頭の場合、挿入をしたとしても中の方まで押し広げる感じがなく、圧迫感を感じないという不満があります。

小亀頭では満足感が足りない

押し広げる感じがない

押し広げる感じがない

小さい亀頭では満足感も感じにくければ気持ちよさもあまり感じないことになりがちです。

大きい場合には無理やりこじ開けるような感覚になり多少の苦しさがあっても、十分に満たされている感覚になり満足に感じる女性が多いです。

 

小さいものより大きいものを求められる背景としては挿入した時の充足感を得たいという気持ちがそこにあります。

 

くびれの引っ掛かりが、気持ち良さを生むとのこと

亀頭は槍のような形をしており、くびれのようなところで内壁を引っ掻くことで強い快感を得やすくなります。

 

サイズが大きければそれだけ引っ掛かりやすくなるため、気持ちよさを感じやすいです。

 

ところがサイズが小さいとくびれの部分が小さくなってしまうためなかなか内壁を引っ掻くようなことができません。

メリハリのある大きな亀頭カリ

ヒアルロン酸を注入施術

ヒアルロン酸を注入施術

膣内を引っ掻くような感触が大切♪

カリの大きなメリハリが引っ掛かりが増大する。

何事もなかったかのようにスルッと入ってしまい、前後に動いても快感を得にくいということになってしまいます。

 

男性が前後運動をする時は突き出す時に興奮しますが、女性はむしろ男性が引く際に引っ掛かるため、そこで気持ちよくなります。

 

小さな亀頭では挿入でどれだけ頑張ってもなかなか感じにくいことは明らかであり、別の部分で何とかしていくしかありません。

大きい、太い、だけではダメ。メリハリが刺激を複雑にする

小さい亀頭ではなく、大きいものじゃないといけないというのはわかりましたが、じゃあめちゃくちゃ大きくて太ければいいのかとなるとそう単純なことでもありません。

 

いわゆるメリハリが必要であり、亀頭は大きく竿はそこまで太くなくてもいいというギャップを求める人が多いです。

 

これによって刺激を複雑にして色々な変化を楽しむことができるためです。

 

言い換えれば先細りは論外のようなものであり、女性にとってはあまり嬉しいものではありません。

 

快感にはそれほど亀頭のサイズや形状が大きな影響を与えることがわかります。

 

ギャップは恋愛において大事だと言われますが、こうした場面でもそれは同じであり、多くの男性に知ってほしい要素です。

300名の未婚女性によるアンケート結果は

未婚女性にアンケートをとり、

理想的な男性器のサイズを尋ねた

年齢を重ねるほど長さも太さもいいものを求めるようになった

 

という結果が出ています。

 

一夜の関係なら

大きさが重要!と持続力 かな 🧡

 

と主張する人が多い一方で

夫などパートナーとして特定の相手であれば

特にサイズ重視ではない

 

という結果も出ています。

 

つまり理想として大きな男性器は求めたいが、現実的なことを考えれば別にサイズはどうでもいいという考えになっているのが特徴です。

 

また長さよりも太さを求める人が多かったのもポイントです。

 

どれだけ長くても先細りではどうしようもありません。

 

ある程度太ければそれだけ満たされやすくなるため、女性は長さよりも太さを求めていることを多くの男性が知るべきです。

男性の亀頭サイズに対する女性の本音についてのまとめ

こうした女性の本音に対し、男性は真摯に受け止める必要があります。

 

女性を喜ばせたいなら男性器をたくましいものにしていくことが求められ、色々な試行錯誤が求められます。

気になる女性の本音

亀頭のサイズ女性の本音

亀頭のサイズ女性の本音

ただ現実はシビアであり、そう簡単に大きくできるものでもありません。

 

ましてお金を出してまで大きくすることに意味があるのかと感じる人も多いです。

またこれらの本音は女性のワガママである可能性も高く、パートナー同士であれば特に気にする必要もないと言えます。

 

むしろその部分で負い目を感じる人は別の部分で相手に尽くすことも大事です。

 

足りない部分があれば別の部分で補えばいいという感覚で接していくことができれば、たとえサイズが小さかったとしても納得してもらえます。