包茎・亀頭先細りお悩み解決

包茎は性感染症のリスクを高める

包茎の人は衛生面・刺激への耐性面などから性感染症に注意

 

セックスの際に性感染症に注意するのは当然のことですが、同じ条件下だったとしても包茎である人の方がそのリスクが高まることをご存知でしょうか。

包茎の人は衛生面性感染症に注意

包茎の人は衛生面性感染症に注意

 

健康な皮膚より傷口からの方がバイ菌が入りやすいのと同じようなもので、普段から剥けている人に対して、包茎の人は衛生面・刺激への耐性面などからも性病が感染りやすいと言われています。

 

包茎を改善することは、性感染症予防にもつながるのです。

「性感染症」について書いてみます。

性感染症とは?

性感染症という言葉を知っていても実際にはどのようなものなのか把握できていない人も多いのではないでしょうか。

 

STDとも呼ばれ性交渉で感染する性病でありその種類は数多く存在します。

 

ほとんどの場合治療をすれば完治しますが、不特定多数の人と性交渉を持つとかかりやすくなります。

 

また、自分が感染していることに気付かずにパートナーにうつしてしまったり、パートナーが発症することで自分の感染に気付くこともあるとされています。

性感染症(STD)予防

性感染症(STD)注意

性感染症(STD)注意

すべての性病が予防できるわけではありませんが、健康な皮膚から感染するのではなく粘膜によってうつるため、コンドームを使用することで感染を防ぐこともできるとされています。

何かしらの症状があらわれた場合には早めに医療菌に受診することをおすすめします。

性感染症という言葉を知っていても実際にはどのようなものなのか把握できていない人も多いのではないでしょうか。

 

STDとも呼ばれ性交渉で感染する性病でありその種類は数多く存在します。

 

ほとんどの場合治療をすれば完治しますが、不特定多数の人と性交渉を持つとかかりやすくなります。

 

また、自分が感染していることに気付かずにパートナーにうつしてしまったり、パートナーが発症することで自分の感染に気付くこともあるとされています。

 

すべての性病が予防できるわけではありませんが、健康な皮膚から感染するのではなく粘膜によってうつるため、コンドームを使用することで感染を防ぐこともできるとされています。

 

何かしらの症状があらわれた場合には早めに医療菌に受診することをおすすめします。

原因微生物による性感染症

原因微生物による性病にはどんなものがあるのかついて考えてみましょう。

 

まず、ウイルス性のものとしては性器ヘルペスや尖圭コンジローマ、HIVやヒトパピローマウイルス、C型、B型肝炎などがあります。

細菌性の性感染症(STD)とは

細菌性の性感染症(STD)とは

細菌性の性感染症(STD)とは

細菌性の性病としては淋菌感染症、非淋菌性非クラミジア性感染症、軟性下疳などがあり、その他の微生物などの場合には性器クラミジア感染症、カンジダ症、梅毒などがあります。

無視や原虫による性病は、毛ジラミ症や膣トリコモナス感染症、疥癬などがあるとされています。

 

性感染症に感染した場合には種類によって症状も異なるだけでなく治療法も違ってくるため自然治癒などに任すのではなくきちんと専門医の下で治療を行うことをおすすめします。

性感染症の種類と症状

性感染症には数多く存在しますが、その種類と症状についてご紹介します。

 

まず、クラミジアに感染した場合男性は尿道炎やかゆみが強くなるなどの症状が出るのに対し女性はほとんど症状が出ないこともあります。

感染症の種類

感染症は多種多様

感染症の説明

感染症の説明

 

 

 尖圭コンジローマ

 性器クラミジア感染症

 毛ジラミ症

 エイズ

 性器ヘルペス

 

性感染症(STD)は、多種多様の症状があります。

ペニスの亀頭や陰茎、女性は大陰唇などにブツブツができるのは尖圭コンジローマ、エイズの場合には免疫の仕組みの中心であるTリンパ細胞に感染することで免疫不全に陥るとされ合併症が起こります。

 

淋病は、ねばねばの膿が出て排尿時に猛烈な痛みを感じるのが男性の症状であり、女性はほとんど症状が出ないとされています。

 

肝炎は、B型やC型など種類によって症状が違うことがありますが慢性肝炎を発症します。

 

重度の場合には肝硬変や肝がんになって死亡するケースもあるようです。

包茎が性感染症になりやすい理由

包茎だと性感染症になりやすいということを聞いたことがある人は多いと思われますが、その理由はどんなことなのかご存知でしょうか。

包茎は亀頭周辺が湿潤し皮膜も薄い

包茎はSTD感染リスクが高い

包茎はSTD感染リスクが高い

性感染症(STD)は粘膜を介して感染するため、包茎によって炎症を起こしやすい状態となっていることで感染リスクも高くなると言えます。

その理由としては包茎だと亀頭周辺が湿潤しやすく、皮膜も薄く、弱いことから炎症を起こしやすい状態であることが大きな理由とされています。

 

露出していればある程度鍛えられるので傷つきにくくなるのですが、包皮に守られている状態が長いと亀頭が鍛えられずすぐに傷つき炎症を起こしやすくなるのです。

 

性感染症は粘膜を介して感染するため、包茎によって炎症を起こしやすい状態となっていることで感染リスクも高くなると言えます。

 

一部の地域や宗教儀式として行われる割礼をしておくことで、感染リスクが減少するといった研究結果もあるとされています。

包茎と性感染症の関係についてのまとめ

このように、包茎の場合には感染症にかかりやすくなることは理解できたと思われます。

 

包茎の場合にはコンドームを装着する際も包皮が引っかかるなどしてより性感染症に感染しやすくなることが考えられます。

コンドームを装着も包皮を傷つけないように

包皮を傷つけないように

包皮を傷つけないように

包茎の男性器は、包皮や亀頭部分が炎症しやすいため、コンドーム装着時も包皮を傷つけないよう気をつける必要があります。

ご自身やパートナーの陰部の毛で「毛切れ」を起こす事もあります。

本来であれば思春期を迎えて成長するにつれ、亀頭が露出して包茎ではなくなることがほとんどですが、思春期を過ぎても包皮が被っている状態の場合には、そのまま放置しておくと性感染症や性病にかかるリスクが高くなることが考えられますので、一度医療機関に受診して包茎手術をすることも検討に入れるのが良いかもしれません。

 

それが結果的に性感染症の予防になると言えますので、性病や性感染症を繰り返している場合には包茎手術をすることを視野に入れてみるのが良いと言えるでしょう。