包茎・亀頭先細りお悩み解決

包茎だと早漏になりやすい?

皮を被ったままのオナニーは包茎を進行させる

 

包茎=早漏ではありませんが、両者には密接な関係があります。

 

共通点は、亀頭が刺激に弱いということです。包茎だと早漏になりやすい?

オナニーの方法を見直したり、日頃の訓練が必要かもしれません。

 

包茎が進行するって!!知っていましたか?

男性なら、自分の手や器具などを用いて自らの性器を刺激し、性的快感を得るオナニー行為(自慰行為)は当然ですよね。

 

問題点は、皮を被ったままオナニーすると皮が伸びることで包茎が進行してしまうことがある点です。

仮性包茎の方の多くが早漏気味とも言われています

早漏は亀頭が強化されることで軽減するので、亀頭を重点的に刺激するオナニーがおすすめです。

 

オナニー行為は、亀頭が強化も含め皮を剥いて行いましょう。

包皮に守られている亀頭は刺激に弱い

亀頭が露出していると衣服と接触するときに鍛えられるので、亀頭を適度に鈍感にすることができます。

 

逆に包茎だと包皮に守られているため、挿入時の亀頭への刺激が強く伝わりすぎるようになります。

包茎は、刺激に敏感で早漏になり易い

包茎は、刺激に敏感で早漏になり易い

包茎は、刺激に敏感で早漏になり易い

性行為による刺激に慣れていないため敏感になっており、すぐに射精してしまうわけです。

特に性行為の経験が少ない男性の場合は、包茎による早漏のリスクが高くなると言えます。

包皮を被った亀頭は粘膜状態になっており、少しの刺激でもくすぐったいと感じることが多いです。

 

非常に敏感になっている状態のため、挿入して3分以内に射精してしまうことが多いです。

 

3分を超えて持続すれば一般的には早漏とは言われませんが、男性本人がコンプレックスを抱いている場合は解消する必要があります。

皮を使ったオナニーはやめるべき

オナニーをするときに皮を被ったまましてしまう男性は多いですが、皮が伸びることで包茎が進行するので注意しましょう。

 

竿を刺激しているだけでは亀頭が鍛えられないので、いつまで経っても早漏が治らないことになります。

 

早漏は亀頭が強化されることで軽減するので、亀頭を重点的に刺激するオナニーがおすすめです。

仮性包茎なら自分でむくことが可能なので、むいてから亀頭を強化するやり方がよいでしょう。

包茎の男性器は、日頃より清潔に

亀頭包皮炎のリスク

亀頭包皮炎のリスク

包皮が被ったままだと亀頭周りにカスが溜まり、不衛生から亀頭包皮炎の恐れもあります、日頃より綺麗にしておきましょう。

包皮が被ったままだと亀頭包皮炎のリスクが高まるので、1日1回はシャワーで洗浄してください。

 

石鹸を使用する必要はなく、ぬるま湯を当てながら指で擦るだけで問題ありません。

 

常に衛生的にしておくことが亀頭を元気にして、早漏を予防するコツです。

スクイーズテクニックによる訓練

スクイーズ法は早漏の予防として適しており、女性にペニスを刺激してもらうことで性的興奮を高めながら射精感をコントロールする方法になります。

 

男性自身が緊張していると射精まで早くなってしまうので、十分にリラックスしておくのがコツです。

パートナーがいない場合は自分で刺激することになりますが、この場合は効果が弱くなります。

効果的な早漏改善法とは

セマンズ法とスクイーズ法

セマンズ法とスクイーズ法

効果的な早漏改善方法としてスクイーズ法とセマンズ法を実践することをお勧めします。

 

セマンズ法はパートナーにペニスを刺激してもらい、射精感が訪れたら寸止めしてもらいます。

 

寸止めを3回繰り返して4回目で射精するという方法ですが、逆流(逆行性射精)には注意する必要があるでしょう。

 

早漏対策はいずれも女性に介助してもらいますが、これは自分で行うと性的興奮が得られにくいからです。

 

性行為の状況を想定した訓練をするためには、自分ひとりによる自慰トレーニングには限界があります。

包茎手術で早漏は治るのか

早漏に悩んでいる方の直接的な解決法ではないものの包茎手術を受けることで早漏が軽減することはあります。

 

亀頭が露出されることで外部の刺激にさらされるようになり、徐々に刺激に強くなっていくはずです。

早漏改善には

早漏改善には

早漏改善には、精神的な余裕と射精コントロール

射精をコントロールできるようになれば精神的な余裕が生まれるので、なおのこと持続時間が延びるという好循環になります。

早漏には精神的な問題も関係しており、解消のためには自信を持つことが大切です。包茎が解消してコンプレックスが消えることで、精神的に安定した状態で性行為ができるようになるでしょう。

 

緊張やコンプレックスなどによって早漏を招くことは多いので、真性包茎の男性は手術を受けておくのが好ましいです。

 

カントン包茎や仮性包茎に関しても症状が重度なら手術をするのがおすすめです。

包茎と早漏の因果関係に関するまとめ

包茎は早漏を促進しやすいのは間違いないので、可能な限り亀頭を露出するようにしましょう。

 

普段からむいておくことで亀頭を鍛えるようにすれば、一定の効果が期待できるはずです。

包茎と早漏の関連性

早漏の定義1分以内または3分以内

早漏の定義1分以内または3分以内

包茎の男性の亀頭は粘膜質なので刺激に対して非常に弱く、1分以内で射精してしまう方もいます。

 

早漏の定義は射精までの時間が1分以内または3分以内などと言われており諸説がありますが、3分でも平均より早いのは間違いありません。

パートナーを満足させるためには5~7分以上は必要になるので、それを目標にして対策をしていきましょう。

 

重度の包茎なら治療を受ける必要がありますが、自分で亀頭を露出することができる状態なら普段からむいておくことで早漏が改善する場合があります。