包茎・亀頭先細りお悩み解決

仮性包茎の問題点

剥けるのだから問題なし、では済まされない仮性包茎の方のコンプレックス

 

仮性包茎は治すべし❗

 

いざという時に剥けるのならば問題ないと思っていませんか?日頃から包皮の内外共に綺麗にしておくことは必須ですが、仮性であっても様々なリスクを抱えているのです・・・

剥ける仮性包茎

剥ける仮性包茎

 

EDの原因とも言われている、仮性包茎の方のコンプレックスです。

精神面の不安定からくるコンプレックスです。

メンタルを安定させるためにも仮性包茎は治しておきましょう。

 

包皮を被った状態は恥垢が溜まりやすく、亀頭包皮炎や尿路感染症などの病気のリスクを高めるなど衛生的にもよくありません。

 

亀頭が痛がゆいと感じるようなら、恥垢の原因だと考えてよいでしょう。

では、「剥けるのだから仮性包茎は問題」だじぇで良いのかを検証してみましょう。

汚れや細菌の温床になりやすく、ニオイの原因にも

亀頭は露出した状態が正常

亀頭は露出した状態が正常

仮性包茎は剥けるのだから不都合はないと考える方が多いですが、亀頭は露出している状態が正常です。

 

性行為のときに剥くことは可能であっても、普段から皮を被っていると蒸れが発生するので細菌の温床になります。

 

恥垢汚れが溜まると悪臭の原因になり、実際にパートナーの女性は仮性包茎は臭いので抵抗があると思っている方が多いです。

 

尿の飛び散りの原因にもなりますから、便器を汚すことも多くなります。

 

日本人の6~7割が仮性包茎に分類されると見られるので、日本人にとっては仮性包茎が普通の状態と言えるかもしれませんが、世界的に見ると亀頭が露出しているのが普通です。

 

不衛生なペニスは性感染症のリスクとなり、女性に感染させる要因ともなり仮性包茎は大きな問題です。

 

普段から亀頭が露出していれば、汚れ・悪臭を大幅に軽減させることができます。

かゆみ・赤み・炎症を起こしやすい

仮性包茎の男性が感じる不都合として陰毛を巻き込みすることがあり、仕事・勉強中に痛い思いをした方は多いでしょう。

 

かゆみや赤み・炎症などの原因にもなりやすく、亀頭炎や包皮炎を招くこともあります。

男性器に炎症を引き起こす恐れのある包茎とは

男性器に炎症を起す包茎とは

男性器に炎症を起す包茎とは

亀頭がかゆいと感じたら炎症が起きている可能性があるので、包皮を剥いて確かめてみましょう。

亀頭が赤くなっているなら炎症が発生しているので、まずは毎日1回は亀頭を洗浄するようにしてください。

入浴時にシャワーを当てて、指で恥垢を落としていきましょう。

根本から改善したい方は医療機関で治療を受けるのがおすすめで、今は無痛治療もあるので痛みをほとんど感じることはありません。

 

コンプレックスは解消するまで引きずるので、早めに治療を決断することが大切です。

炎症を繰り返すうちにもっと恐ろしい病気になる可能性が

仮性包茎はペニスを不衛生な状態にして、ヒトパピローマウイルスや小圭コンジローマなどの発症率を高めます。

 

ポピュラーな症状としては亀頭包皮炎があり、亀頭が炎症を起こして痛がゆくなります。

 

入浴時に包皮を剥いて洗わない男性は発症しやすいので、1日1回の入浴・シャワー洗浄を心がけてください。

仮性包茎は綺麗に治療しておきましょう

亀頭包皮炎の恐れも

亀頭包皮炎の恐れも

尿路感染症や陰茎癌のリスクともなるので、仮性包茎は早めに治療するのがおすすめです。

特に真性包茎に近い症状に関しては1日も早く治療を受けるべきでしょう。

 

炎症を何度も繰り返すことで恐ろしい病気を招いてしまうこともあります。

 

これらの問題は男性だけでなくパートナーにも影響するので、相手のことを思いやるなら早めに治療を受ける必要があるでしょう。

人目を気にしたり、パートナーに対する劣等感のもとになりうる

仮性包茎は自分で剥かない限りは包皮を被っているので、これがコンプレックスの原因になることがあります。

 

例えば銭湯に行けば見られてしまいますし、パートナーには確実にバレることでしょう。

女性に対する劣等感

劣等感が強い

女性に対する劣等感が強い

仮性包茎を指摘されたことがトラウマになって、メンタルが不安定になってしまう男性は多いです。

実際にEDの原因として包茎があり、これは心因性のEDと言えるものでしょう。

仮性包茎を放置しておくと亀頭包皮炎のリスクが高まるので、早めに改善していくことが必要でしょう。

 

劣等感を覚えるだけでなく、相手に病気をうつしてしまう可能性もあります。

 

包茎が原因のEDは包茎を治療することで、嘘のように改善することが少なくありません。

 

コンプレックスは何もせずに解消はしないので、自分からアクションを起こす必要があります。

仮性包茎の弊害に関するまとめ

仮性包茎には様々な弊害があり、精神的にも衛生的にもメリットは一つもありません。

 

仮性包茎がコンプレックスとなって性行為を避けている男性は多く、これが原因でパートナーとの関係がうまくいかなくなるケースは多いです。

 

EDの原因として精神面の不安定があるため、メンタルを安定させるためにも仮性包茎は治しておきましょう。

仮性包茎は衛生面にも留意が必要

亀頭包皮炎や尿路感染症リスク

亀頭包皮炎や尿路感染症リスク

包皮を被った状態は恥垢が溜まりやすく、亀頭包皮炎や尿路感染症などの病気のリスクを高めるなど衛生的にもよくありません。

亀頭が痛がゆいと感じるようなら、恥垢の原因だと考えてよいでしょう。

 

まずは毎日包皮を剥いて洗浄をすることが必須であり、これで炎症が解消しない場合は医療機関で治療を受けましょう。

 

年齢を重ねるほど免疫力が低下するので、下半身の病気のリスクは高くなります。