包茎・亀頭先細りお悩み解決

長茎術を受ける前に

知っておきたい基本知識

 

 

長茎術をご存知でしょうか!?

長茎術の基本知識

長茎術の基本知識

 

読んで字の如く、陰茎・ペニスを長くする施術のことです。

 

注意すべきポイントは勃起時のサイズではなく、通常時のサイズを長くするためのものということです。

 

勃起時に多少の効果は期待できる場合もあります。

 

実際にどのような種類と方法で施術が行われるのか、長茎術をご紹介していきましょう。

長茎術は平常時のペニスを長くするための施術

ペニスの大きさにコンプレックスを持つ人の中には、「長茎術」を検討している人もいるかもしれませんが、この治療について勘違いをしている人も少なくはありません。

 

施術を検討している人には勃起時のサイズが大きくなると勘違いされがちですが、それは正に勘違いです。

長茎術で仮性包茎の改善メリット

長茎術で仮性包茎の改善

長茎術で仮性包茎の改善

平常時のベニスを長茎することで仮性包茎を改善できる最大のメリットとも言えます。

この方法はあくまでも平常時のペニスを長くするための施術方法です。

勃起時に外に出る余剰部分を引き出すため、勃起時も多少の効果は期待できますが、あくまでも平常時のペニスのサイズを長くすることが目的であるという認識をする必要があります。

 

そのため、平常時のペニスを大きくしたい、平常時のペニスにコンプレックスを持っているという人におすすめの施術であると言えるでしょう。

【長茎術】無切開固定法の仕組みや費用

糸を使ってペニスを引っ張り前に出すという方法が「無切開固定法」と呼ばれるものです。

 

ペニスを切らない方法ということもあり、「切らない長茎術」と呼ばれることもあります。

 

埋もれていたペニスを外に出すことによって、3~8cmほどペニスを長くする効果を期待することが出来ます。

 

この方法が適している人としては、傷を残したくない方・費用を抑えたいという方です。

進化した長茎術施術とは

長茎術施術とは

長茎術施術とは

無切開固定法=「切らない長茎術」か靭帯剥離法=「切る長茎術」です。

回復期間が短いということもメリットと言えます。

 

費用については、クリニックによって若干の違いはありますが15~20万円前後というところが多いようです。

 

多くのメリットがあり、比較的手頃な価格で行うことが出来るということで、多くの男性が選択している方法でもあります。

【長茎術】靭帯剥離法の仕組みや費用

ペニスと恥骨をくっつけている靭帯を切開することで、埋もれているペニスを出す施術方法が「靭帯剥離法」です。

これは、「切る長茎術」とも呼ばれています。

 

施術を受けることにより、4~10cmほどのペニス増大効果を期待することが出来ます。

 

メリットとしては、確実に効果を期待することが出来るという事、効果がずっと続くということです。

そのため、長茎術の効果を確実に永続させたい方におすすめの方法です。

 

デメリットとしては、傷跡が残るということや費用が30万円前後ということで切らない方法に比べると高額であるということでしょう。

 

傷跡については、陰毛で隠れますが、陰毛が生えそろうまでは他の人の目が気になるという人もいるようです。

【長茎術】下腹部脂肪吸引法の仕組みや費用

下腹部の脂肪を吸引し、ペニスを長くする方法として「下腹部脂肪吸引法」があります。

 

下腹部に脂肪がたくさんあると、ペニスが脂肪に埋もれてしまっている状態となります。

 

この状態の場合、脂肪を吸引し、下半身がスリムになることで、ペニスの見た目を長くすることが出来ます。

 

脂肪を取り除く時に皮膚を切開しますが、1cm以下と傷跡が目立つということはないでしょう。

 

施術は、30分程度で終了することが多いようです。

 

物理的に脂肪を減らすことが出来ますので、ダイエット効果も期待することが出来ます。

 

ペニスのサイズが変化するわけではないので、太ってしまうと元の状態に戻ってしまいますので、注意が必要です。

 

費用についてはクリニックによって異なり、20万円前後というところもあれば50万円前後というところもあります。

長茎術に関するまとめ

 

長茎術を受ける時には、自分で情報を集めるということも大切ですが、それよりもクリニックに直接相談をしたほうが時間も手間も省くことが出来ます。

 

まずは診察の申し込みをする前に無料カウンセリングを受けるようにしましょう。

クリニックに直接相談

長茎術無料カウンセリング-3

長茎術無料カウンセリング-3

無料カウンセリングでは、病院の雰囲気や清潔さ、プライバシー対応、手術の方法や費用についての分かりやすさ、アフターフォローについてを確認するようにしましょう。

クリニックによっては、希望していない手術まで勧めてくるようなところもありますので、そのようなところは避けた方が良いでしょう。

分からないことや不安に感じることがあれば、解消してから契約をすることが後悔をしないためには重要なポイントです。