包茎・亀頭先細りお悩み解決

真性包茎のデメリット

もはや自分一人の問題ではない

 

 

真性包茎ならば
健康保険が適用されるケースも有ります

 

最悪の場合は壊死する可能性も否定できない真性包茎とは?

真性包茎のデメリット

真性包茎のデメリット

 

亀頭が完全に露呈できないなら、それは真性包茎です。

 

同じ包茎でも、仮性と真性では天と地ほどの差があります。

 

真性包茎はその匂いや不潔さで嫌われたり、痛い・汚い・病気になる、と自分自身にとっても害悪でしかありません。

 

もし真性包茎ならば保険が適用されるケースもありますので、一刻も早い治療をおすすめ致します。

 

専門の手術を受けることで効果的な改善を目指すことができ、本来の機能を取り戻すことが可能です。

どのような状態を真性包茎と呼ぶのか

真性包茎は、包皮が剥けないために亀頭が出てこない状態を指します。

 

本来なら勃起時には自然に包皮が剥けて亀頭が露出されるのですが、真性包茎の場合は包口径が小さいゆえに亀頭を露出させるだけの余裕がありません。

 

通常時の場合でも同様に剥くことができないため、常に包皮が覆いかぶさっている状態にあるのです。

勃起しても皮が剥けない

勃起しても剥けない真性包茎

勃起しても剥けない真性包茎

勃起しても剥けないのが真性包茎の特徴とも言えます。

無理に剥こうとすると痛みが伴うことがあります。

手を使って剥くことができればカントン包茎とすることができるところ、しっかりと固着しているゆえに亀頭を露出させることは困難です。

 

もし無理に剥いてしまうと戻らなくなる可能性もありますので注意が必要です。

 

また、亀頭の首元部分を締め付ける状態になり、最悪の場合は壊死する可能性も否定できません。

真性包茎は女性に嫌われる!

女性にとって性交時の刺激が少ないのが嫌われてしまう原因のひとつです。

 

亀頭が露出していることで刺激になるところ、真性包茎は包皮に包まれていますので硬さを感じにくいです。

 

そもそも避妊具を使わずに挿入することが難しいですが、避妊具を付けることで刺激が低下するのも物足りなくなる理由と言えます。

女性に嫌わせる要因を抱えている

女性に嫌わせる要因を抱えている

女性に嫌わせる要因を抱えている

日頃から、真性包茎は包皮に包まれ不衛生な状態になりがちで、異臭汚れカスが残っていたりすると女性に嫌われる要因ともなります。

真性包茎の場合、外的な刺激によって鍛えられていませんので早漏になる傾向もあります。

すぐに終わってしまうため、それもまた女性の不満に繋がるでしょう。

 

汚れが溜まりやすく雑菌が付着しているのも嫌われる原因です。

不潔な環境ゆえに臭いが出やすく不快感を覚えやすいです。

 

そして性感染症のリスクが高まるため、性行為も嫌がられやすいと言えます。

真性包茎にはデメリットとリスクしかない

真性包茎はセックスの相手のみならず、狭い個室やプール・温泉などで様々な人に迷惑と不快感を与えてしまうデメリットもあります。

 

その要因となり得ることとしては、尿が包皮の中に一度溜まって包皮口から出るため、下着を汚す可能性が高いからです。

包皮に包まれ亀頭周辺から異臭が

真性包茎男性器から異臭

真性包茎男性器から異臭

尿には刺激成分として知られるアンモニアが含まれていますので、パンツに付着すればたちまち臭いを放つようになります。

特に狭い環境ですと悪臭にも気付かれやすくなるでしょう。
雑菌の温床となるために他人の病気の原因にもなり得ます。

 

温泉やプールなどに入っている場合も、性器から雑菌が流出しますので、意図せずに見ず知らずの他人にも迷惑を掛けます。

 

もし周りに真性包茎の人がいれば、自分自身が逆に影響を受ける可能性もあるでしょう。

真性包茎だと、保険が適用される場合も

手術によって対策したい場合の相談先として、ひとつの選択肢に泌尿器科の利用が挙げられます。

 

他にも美容クリニックでも手術を受けることは可能ですが、ただ全額自費になる可能性が高いです。

 

美容クリニックだからといって保険診療ができないわけではないものの、利用がNGになっているケースも多いです。

真性包茎治療は健康保険が適用される

真性包茎とカントン包茎保険が適用

真性包茎とカントン包茎保険が適用

泌尿器科ならば真性包茎と認められることで保険適用がされる可能性があります。

実際の施術は、良くカウンセリングを受けてからお勧めいたします。

泌尿器科の難点もあります、包茎手術の基礎知識 を参照下さい。

泌尿器科ならば真性包茎と認められることで保険適用がされる可能性があります。

 

カウンセリングの際にはその点についても確認しておくと安心です。
手術の内容ですが、環状切除という施術になることが多いです。

 

これはオーソドックスな治療法で広く行われています。

 

ただ機能性の改善を重視する施術のため、見映えはあまり重視しない傾向があります。

真性包茎のデメリットに関するまとめ

真性包茎のデメリット

真性包茎のデメリット

包茎で困らないためにはしっかりと治療する必要があります。

 

専門の手術を受けることで効果的な改善を目指すことができ、本来の機能を取り戻すことが可能です。

 

なお、手術を回避したい場合は、包皮輪を伸ばすといった工夫で予防・改善が見込める可能性もあります。

 

真性包茎と気付いた時にも放置せず、包皮が柔らかい10代のうちから早めにケアを行うことが大切です。

 

成長してからですと固着が強まり自力で対策することは困難になります。

しかしながら真性包茎は自己努力での改善は難しい現実も理解しておかなければいけません。

程度に差こそあれ、がっちりとくっ付いてしまい全く剥けないことが多く、そうした場合は手術で対策をするほかありません。